通用しない

薄毛にお悩み方必見です!発毛は皮膚科に相談しましょう!医療の視点から安心で安全な治療を提案してくれるのでオススメですよ!

従来までの薬では通用しない

男性は、女性と比較して男性ホルモンが豊富にあります。男性ホルモンは、元々男性の身体を強くたくましくするために存在するものであるため全く身体に害をなすことはありません。しかし、頭皮に対してだけは悪い影響を与えるのです。男性ホルモンは、先天的にDHTという抜け毛の原因となる物質を作る性質があります。この物質が作られると従来までの育毛剤や発毛剤を利用しても上手く髪の毛を育てることができなくなってしまうのです。そのため、別の手段できちんと髪の毛を生成できる手段を考えなくてはいけません。そのための手段がAGA治療なのです。男性ホルモンによって生じるAGAの症状は、きちんとしたクリニックに行けば解消することができます。

二つの薬を利用することが大事

AGA治療をするときには、二つの薬を利用することになります。一つは、国内で利用することが承認されている内服薬です。これは、AGA治療で唯一国家から使用が認められている薬であるため効果は実証済みです。費用も6000円から1万円以内で済むため、入手しやすい傾向にあります。そして、もう一つ大切なのが外用薬です。この薬は、直接頭皮に塗布する形で利用するため頭皮の状態を改善させることが可能です。内服薬で身体のホルモンバランスを改善して、外用薬で頭皮の状態を戻すことによって健全な育毛を実現できるのです。この外用薬はだいたい1万円程度の費用で入手できます。一般的な育毛や発毛の費用よりも、遥かに安い費用で髪の毛の環境を変えることができるのです。

AGA

AGAとは、男性だけに起こる脱毛症のことで、薄毛に悩んでいる男性の多くは、AGAの可能性があります。AGAを治療するためには、長期間の治療薬の服用と、決して安くはない費用が必要ということになります。

薄毛のお悩み

一般的に皮膚科と聞くと、皮膚病やニキビなどを治療するイメージがありますが、発毛治療を行っています。人によって治療方法を変えることができるため、より効果的に発毛を促進させることが可能です。

薄毛の種類

薄毛には、男性型脱毛症、女性型脱毛症、円形脱毛症などがあります。しかし、薄毛治療をするには、まずは頭皮のことを考えた育毛シャンプーやコンディショナーを使用することが大事で、その上ヘアケアが必要になります。